​誰かの知識と、
誰かの知りたい、をつなぐ。
​それが、Knowledge(知識)Link(つなぐ)の意図です。
1mmずつ重ねるしかない知を、
情熱がなければ手に入らない知を、
そして、これからも進化する知を届けたいのです。
​おそらく誰かが、あなたが繋がるのを待っています。
本物をお届けする準備は、
​もうできています。
シンプルなのに奥深い。
基本に忠実で、それでいて実践的。
Knowledge Linkなら、探していたセミナーがきっと見つかります。
Knowledge LinkはPT・OT・ST向けセミナーを​全国で展開しています。
  • Facebook
  • Instagram

オンラインセミナーを選ぶ

リアルセミナーを選ぶ

現在、リアルセミナーは全て準備中です。

 

​オンラインセミナー

PT・OT・STが呼吸リハを基礎知識から実践まで深く理解するセミナー。​
自宅の大型本棚

第1部「呼吸リハのための基礎知識」

第1部は呼吸リハをこれから始めようとするPT・OT・STの皆さんのためのセミナーです。

呼吸リハの適応になる疾患(肺炎やCOPDや間質性肺炎など)を療法士としてどのように理解したら良いか、カルテにあふれる情報(胸部X線やCT、呼吸機能検査や血液ガスなど様々な検査所見)を療法士としてどのように解釈したらよいか、ベッドサイドで患者の身体から直接得られる情報(呼吸器疾患の患者に多い外見上の特徴や、特徴的な呼吸の仕方や呼吸パターン、聴診の所見など)をどのようにとり、解釈したら良いか。

疾患の理解と評価法に特化した2時間です。

第2部「呼吸リハの実践」
第2部は呼吸リハを臨床で実践するためのセミナーです。
評価の結果を解釈し、方針を立て、実際の治療を行い、患者を快方に導く、この一連を学びます。
呼吸の評価をどう解釈し方針を立てるか、実際の介入の仕方(コンディショニング、運動療法、ADLトレーニング)、リスクの捉え方と回避の仕方、早期離床と呼吸リハ、OT・STの最近の活躍、を網羅します。
実際の患者の呼吸リハ場面の動画を多用しながら解説します。
Knowledge Link代表 渡邊宏樹(理学療法士・呼吸療法認定士・心臓リハ指導士・心不全療養指導士)
​このセミナーは、オンラインセミナーです。

​オンラインセミナー

PT・OT・STがシーティングをマスターするセミナー
​車椅子はただ患者を運ぶためだけの道具ではない。
これがシーティングの骨格となる概念です。

​車椅子は時に安楽なゆりかごであり、時に素早く安全に移動するための道具であり、時に潜在能力を最大限に引き出す攻めの道具になります。
車椅子がもつ機能を上手に使えば、呼吸や循環を、覚醒や嚥下の機能を引き上げることができます。
シーティングがPTやOTやSTの能力を引き上げてくれる、とも言い換えられます。この分野の進化はとても急速、多岐広大です。よく使うのに、実はよく知らない車椅子のこと。その本当の可能性に触れてみてください。明日からの臨床がきっと変わります。
湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室作業療法主任 杉森貴史先生(ベンクト・エングストロームコンセプトインストラクター
​このセミナーは、オンラインセミナーです。
 

​オンラインセミナー

PT・OT・STのための糖尿病を基礎から理解するセミナー。​
ブック付きデスク

糖尿病は、ほぼ全ての臓器に悪影響を及ぼし、ほぼ全ての治療を阻害します。

整形が専門でも、脳卒中が専門でも、糖尿病を理解することを無視できません。
糖尿病は特にリハビリテーションが主戦場とする疾患群(脳卒中や心疾患)に極めて深く影響しています。

逆説的に言えば、リハビリテーションが糖尿病から始まる悪循環を断ち切る一つの光明だとも言えるのです。

PTもOTもSTも、全ての領域の療法士が知っておくべき知識が満載です。

湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室 阿部誠也(理学療法士・糖尿病療養指導士)
​このセミナーは、オンラインセミナーです。
 

​オンラインセミナー

理学療法のルーツを知るセミナー。
図書館で教科書を開く

「Physical」がなぜ「理学」なのか。​極論すればこれを知るためのセミナーとも言えます。

​​理学療法のルーツを知るには、​1890年代(明治の中ごろ)にドイツなどで始まったの物理療法を知る必要があります。そして、同じ頃ドイツで始まった呼吸リハの原型のようなものを知る必要があります。

ドイツ語で「Physikalische Therapie」と呼ばれていたこれらは、明治の終わりに日本に持ち込まれると、「理学的療法」と和訳され一気に広まります。

この時期は、整形外科的な理学療法の原型のようなものが始まる頃でもあります。

時を経て、第二次世界大戦後のアメリカ医学の流入により「理学的療法」は大きく変質していきます。

Physical Therapyがどのように始まり日本に輸入され発展してきたのか。なぜ「理学療法」と訳されたのか。

これから理学療法を学ぶ人にも、すでに理学療法を生業にしている人にも、そして今、理学療法を教えている人にも、ぜひ知ってもらいたい知識です。

Knowledge Link代表 渡邊宏樹(理学療法士・呼吸療法認定士・心臓リハ指導士、心不全療養指導士)
​このセミナーは、オンラインセミナーです。
 
 

​オンラインセミナー

PT・OT・STのための循環器リハセミナー。​
本とメガネ
全ての医療は呼吸不全、心不全を避けては通れません。リハビリテーションも例外ではありません。
どのような領域の療法士でも、どのような病期の療法士でも、OTもSTも、循環器系の理解と管理は前提です。
​どんなに骨折や脳卒中の治療が上手でも、前提に循環系の理解と管理がなければ、それは危険なことです。異常な息切れの中で…、ノーマークの不整脈の中で…、歯を食いしばり歩行練習する患者さんがいるとすれば、それはあなたが気付いてあげるべきです。
​このセミナーでは特に循環器リハに焦点をあて、心臓をどう評価するか、リスクの捉え方と回避の仕方、疾患による違い、実際の介入の仕方、早期離床と循環リハ、2021年に改定された「心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン」の要点などを網羅します。
湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室理学療法主任 小林直樹先生(認定(循環)理学療法士・心臓リハ指導士)
​このセミナーは、オンラインセミナーです。

​オンラインセミナー

PT・OTのための股関節リハビリテーションセミナー。
​運動学習からひも解く股関節のリハビリテーション
浮揚する本
大腿骨頸部骨折を代表として、股関節に問題を抱える患者さんはあまりにも多いので、療法士として働く以上、股関節障害に関わらずにやり過ごすことはまず不可能です。
OTも、たとえ脳卒中や呼吸や心臓が専門だとしても、ましてや介護保険領域なら尚のこと、一定の見識が求められます。
近年、股関節リハビリテーションはかなりの速度でアップデートされています。本セミナーでは、股関節の基本的な機能解剖や評価法に加え、これまで主に中枢神経疾患で応用されてきた「運動学習」を股関節リハビリテーションに適応する最新の考え方、そして、近接関節への効果的な介入方法などについて解説します。古典的な「単なる筋トレ」から一歩踏み出し、一味違う療法士になるチャンスです。
昭和大学保健医療学部理学療法学科講師 池田崇先生(理学療法士・医学博士)
​このセミナーは、オンラインセミナーです。
 
PT・OT・STが気管吸引をマスターするセミナー(2days)
日本呼吸器学会専門医・指導医で、もとき内科クリニック院長(前湘南藤沢徳洲会病院副院長)の大江元樹先生と湘南藤沢徳洲会病院呼吸ケアチームが贈るPT・OT・STのための気管吸引セミナー。
呼吸器系の解剖生理、気管吸引手技の技術的特徴、気管吸引はなぜ危険なのか、そしてどうすれば安全に行えるのか、気管吸引ガイドラインの理解、感染管理、吸引以外の排痰援助の理解、それら全てについての実技演習。
​療法士が行う気管吸引の一から十までを網羅します。
基本に忠実に、シンプルで実践的に。何より安全に行える気管吸引がマスターできます。
もとき内科クリニック院長 大江元樹先生(日本呼吸器学会専門医・指導医)
湘南藤沢徳洲会病院心臓病センター師長 阿萬由香先生(集中ケア認定看護師・特定看護師)
湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室PT 堀越​一孝先生(認定理学療法士・呼吸療法認定士・心臓リハ指導士)
Knowledge Link代表 渡邊宏樹(理学療法士・呼吸療法認定士・心臓リハ指導士)
 
PT・OT・STが呼吸・循環リハをマスターするセミナー
全ての医療は呼吸不全、心不全を避けては通れません。リハビリテーションも例外ではありません。
どのような領域の療法士でも、どのような病期の療法士でも、OTもSTも、呼吸と循環の管理は前提です。
​どんなに骨折や脳卒中の治療が上手でも、前提に呼吸と循環の管理がなければ、それは危険なことです。異常な息切れの中で…、ノーマークの不整脈の中で…、歯を食いしばる患者さんがいるとすれば、それはあなたが気付いてあげるべきです。
​このセミナーでは、呼吸・循環リハをどう評価するか、リスクの捉え方と回避の仕方、疾患による違い、実際の介入の仕方、早期離床と呼吸・循環リハ、特に排痰法の実技演習などを網羅します。
湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室理学療法主任 小林直樹先生(認定(循環)理学療法士・心臓リハ指導士)
Knowledge Link代表 渡邊宏樹(理学療法士・呼吸療法認定士・心臓リハ指導士)
オンライン呼吸リハセミナーの受講歴のある方には、受講料の割引をご用意しております。
「PT・OT・STのための呼吸・循環リハビリセミナー」スピンオフ企画
循環器リハビリテーションに特化したセミナー
「循環器疾患の病態理解を徹底的に。」
このセミナーのポイントはここにあります。
日本循環器学会認定循環器専門医、渡会昌広先生による循環器疾患の病態理解・治療方針の決定の仕方・治療の実際を基礎から学ぶセミナーです。
渡会先生は、8年のキャリアをもつ元理学療法士で心臓リハビリテーション指導士。
循環器疾患理解とリハビリテーションを繋ぐとき、これ程の適任者はいません。
​循環器リハビリエキスパートのPT小林直樹先生とのタッグにより、循環器リハビリを基礎から実践まで網羅します。
森山記念病院循環器内科医師 渡会昌広先生(日本循環器学会専門医・理学療法士・心臓リハ指導士)
湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室理学療法主任 小林直樹先生(認定(循環)理学療法士・心臓リハ指導士)
呼吸・循環リハビリテーションセミナーの受講歴のある方には、受講料の割引をご用意しております。
PT・OTが股関節のリハビリテーションをマスターするセミナー。​
大腿骨頸部骨折を代表として、股関節に問題を抱える患者さんはあまりにも多い。それだけに療法士として働く以上、股関節障害に関わらずにやり過ごすことはまず不可能です。
PTでもOTでも、たとえ脳卒中や呼吸や心臓が専門だとしても、ましてや介護保険領域なら尚のこと、一定の見識が求められます。
股関節障害はあまりに多いため、軽く見積もられがちで「仕方のないもの」「誰にでもあるもの」として片付けられることが多いのもその特徴です。
しかし実は、股関節リハビリテーションはかなりの速度でアップデートされています。
本セミナーでは、基本的な機能解剖や評価法、さらに一歩進んだ股関節の治療戦略、他の関節や骨盤、脊柱との関係、そこから導き出される理論に裏打ちされたリハビリテーション戦略、加えて筋生理を含む最新のリハ栄養までを網羅します。
昭和大学保健医療学部理学療法学科講師 池田崇先生(医学博士)
PT・OT・STがシーティング・ポジショニングをマスターするセミナー
車椅子はただ患者を運ぶためだけの道具ではない。
これがシーティングの骨格となる概念です。

​車椅子は時に安楽なゆりかごであり、時に素早く安全に移動するための道具であり、時に潜在能力を最大限に引き出す攻めの道具になります。
車椅子がもつ機能を上手に使えば、呼吸や循環を、覚醒や嚥下の機能を引き上げることができます。
シーティングがPTやOTやSTの能力を引き上げてくれる、とも言い換えられます。ポジショニングを含め、この分野の進化はとても急速で、多岐広大です。よく使うのに、実はよく知らない車椅子のこと。その本当の可能性に触れてみてください。明日からの臨床がきっと変わります。
湘南藤沢徳洲会病院リハビリテーション室作業療法主任 杉森貴史先生(ベンクト・エングストロームコンセプトインストラクター
準備中