療法士がスポーツの現場で勝負するには? スポーツに必要な股関節機能と、
その引き出し方 ~「無難」から「進化」へ!日々の臨床からスポーツ現場へ!! ~(1day)

​日時

10月22日(日) 10時00分〜16時00分予定 受付開始9時30分

定員・参加費・最小遂行人数

定員:60名   /   参加費:13,000円(税込)   /   最小遂行人数:20名    

​対象職種

PT  /  OT  /  その他

​講師

岡元祐樹 先生

昭和大学保健医療学部理学療法学科卒業(理学療法士)

JARTA認定スポーツトレーナー

JARTA認定講師

日本騎手クラブ(JRA)公認メディカルサポートメンバー

​概要

スポーツの現場をフィールドとする療法士にとって、結果を出し続けることは必然です。

しかしそれは非常に難しいことで、ある面では臨床を凌ぐプレッシャーをはねのける知識と技術が要求されます。

それぞれの競技への深い洞察に加え、解剖学生理学運動学はもちろん物理学生物学などかなり幅広い知識を総動員し、問題解決にあたります。

今回、理学療法士でスポーツトレーナーの岡元祐樹先生をお招きし、スポーツに必要な股関節機能と、その引き出し方についてご講義いただきます。

知識と技術の点と点、結ばれた先に描かれるのはクライアントのパフォーマンスの向上です。

結果にこだわるスポーツの現場で働く療法士(トレーナー)の生の声に触れてみてください.

医学+αの新たな視界が開けること請合いです。

一方、股関節障害は臨床の場面でも頻繁に遭遇するありふれた課題です。ありふれているからこそ無視されがちな課題とも言えます。

障害された股関節機能をどう取り戻すか。

つまりこのテーマは、臨床でもスポーツでも共通の課題なのです。

本セミナーは、スポーツの現場に興味のある療法士みなさまはもちろん、股関節障害の治療に携わるスポーツの現場以外(臨床)で活動する療法士のみなさまにとっても価値ある内容です。

​奮ってご参加ください。

​セミナー内容

「一流選手が言葉にできない股関節の機能(サッカー編)」
「力強いシュートを打つための股関節機能と指導」などのスポーツにフォーカスした治療・指導の考え方

「大転子の疼痛を胸椎から治す思考」「足趾の痺れはこうやって取る!」などの解剖学・運動学を連鎖系として捉える治療の考え方
「肩関節のための肩甲骨の使い方の基礎」

これらのテーマをもとに、解剖学・運動学・物理学・動作分析について考えます。

ケーススタディー(運動連鎖・身体のつながりを考慮した問題解決の思考トレーニング)

        (動画を交えたケーススタディを通して評価・知識・考察・治療を展開します)

参加者同士の実習

​質疑応答

​会場​

​八洲学園大学 7階7A教室

http://www.yashima.ac.jp/univ/

横浜市西区桜木町7丁目42番地